2008年09月18日

永遠のテーマ

「あらゆる人智の中で結婚に関する知識が一番遅れている」

恋愛も結婚も、永遠を求めるなら突き止めてみたいテーマだ。

永遠を突き止めた人は、きっと人生最後の日にわかるのかも??

↓↓ブログランキング↓↓

★応援クリックお待ちしてます★



タグ:恋愛 結婚 永遠
posted by ポリ at 22:43| Comment(4) | TrackBack(0) | 結婚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月17日

理想の男性と結婚するための35の法則

すごく興味のある本がありました。
あまりに興味のわくレビューなので紹介します。

私は男で、ちょっと気になって手にとって読んでみたのですが、
これは驚きました。ここに描かれているのは「男の心理」なのです。
思えば、「なんで美人じゃないのに、あのコに惹かれるんだろ?」
という、男でもわかってない「男を惹きつける」女がいるのですが、
そういう事を、この本の中で明確に説明してくれています。まさに、
男に聞いたんじゃないかと思うぐらい、実に男性心理を捉えています。

『男が女に幻想を抱くように、女も男に幻想を抱いている』
といえるかもしれません。世に多くある「男を落とすテクニック」は
女性の単なる経験論で、実は「単に男がヤリたかっただけじゃん」と
いうことも男から見たらよくあります。
(モテるメイクとかもそう。愛が生まれるとは限らないのです)
だから「意中の男の心を掴める」という絶対的な方法はありませんけど、
少なくとも、人間が長い歴史の中で構築してきた男女間の愛に関する
マナーがどこかにあると思うのです。それがこの中で書かれています。

「私は自然な私を愛してくれる人がいればいいからそんなこと必要ない」
というかもしれません。でも、それは男が「女の自然」のために我慢して
いるのかも知れません。それで、男が女を一生愛するとは思えません。

自分を偽って見せるわけでも、騙すわけでもないのです。
この本に書いてあるようなことをすれば、「男にとっては」ありがたい
のです。女性にとってそれが演技でも、男にとっては快感にもなるのです。
それは男にもあります。男が女の前で見せる「頼り甲斐」も、実は演技
だったりしますから。でも、女性がそれに頼ったり喜んだりしてくれると、
男も「それ」が嬉しいと思う。…男にしかわからんかな、この気持ち。

本に書かれている方法を丸ごと実践するのではなく、エッセンスから、
「男に愛される」女には何が必要なのか?を考えてみるのもいいでしょう。
なぜ男は『特別な女』が好きなのか?
なぜ男は『リーダーシップを取らせてくれる女』が好きか?
なぜ男は『簡単にさせてくれない女』の方を大切にしてくれるのか?
多くの男は「こういう女、たまらんよな」とうなずけるけど、女性には
「?」だろう。「なにがいいの?」と。でも、それが男なのです。

これは、男性を「落とす」為のノウハウ本じゃない。
これは、男性に「一生愛してもらう」為のマナー本だ。

男が「自然と」女を愛するようになる、まさしく魔法の本。褒めすぎかな

(※ Amazon レビュー引用)

ルールズ―理想の男性と結婚するための35の法則
エレン ファイン シェリー シュナイダー
ベストセラーズ
売り上げランキング: 126536




↓↓ブログランキング↓↓

★応援クリックお待ちしてます★

posted by ポリ at 23:17| Comment(2) | TrackBack(0) | 結婚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月03日

結婚

「結婚したまえ、君は後悔するだろう。

  結婚しないでいたまえ、君は後悔するだろう。」

どこかの格言ですけど・・・

結婚ってすばらしいですよ。なにより楽しいし、喜びも2倍!

でも時に、過去を振り返り確かに後悔する事もあります。

結婚は喜びも苦しみも両面をもっているので、冒頭のような

格言が生まれるのでしょうけど。


「愛はしばしば結婚の果実である。」


愛がなければ結婚生活は甘くないのも確か。
タグ:離婚 結婚
posted by ポリ at 23:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 結婚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月29日

結婚も離婚も勢い!

結婚と離婚も共通して必要なものは

勢いだと思う。

人生の中で、かなりでかいイベントだから

悩んでいても始まらないし、

かといって時に躊躇する。

だから、「勢い」に任せて決断する事もある。


離婚を考えた事がある夫婦って、ほとんどの

カップルが考えた事があると思う。

だけどそれを乗り切れるか、乗り切れないかの

問題で、けして衝動的な勢いに乗るものではない。

結婚もそう。

人は好きになれば、誰だって好きでいるうちは

ずぅ〜と一緒にいたい思うもの。

世界中に何十万と自分の恋愛対象として

のみれる異性が存在するとして、生涯のパートナー

は一人である(たいがい)

好きという感情の衝動であればいくらでも存在する

それでも一人、たった一人がパートナー。

あとは勢いがいつか背中を押してくれる。
タグ:結婚 離婚 恋愛
posted by ポリ at 00:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 結婚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月26日

結婚を決める理由

恋とか恋愛を全くする気になれない。
離婚の副作用??

ところで
結婚を決める理由ってなんですか?

「幸せにする」とかのきめ台詞

自分中の持論はこれウソ。

だめだめ、無理しちゃイカンよ〜。

幸せにするなんて思うより、自分が相手と居て

「幸せになれるか」・・・これが一番大事だと思う。

つまり、「幸せにする自信がある」ではなくて

「幸せになる自信がある」これ正解。

現在、恋の予感ゼロモード

恋よりもまず自分が一番大切

自分が幸せでなければ相手も幸せじゃありません。

とりあえず今は自然にやりたいこと沢山楽しもう!!

posted by ポリ at 23:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 結婚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
↓↓ブログランキング↓↓
★応援クリックお待ちしてます★

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。